石母田景頼 筆頭家老!主君のために奔走する!

今月最初で最後の更新、石母田景頼という武将を紹介します。 This is the first and last update of this month, and I will introduce you to the warrior Kageyori Ishimoda. 彼は、最終的には伊予(今の愛媛県)の宇和島藩の筆頭家老にまでなった人物であります。 He is the person who finally became Hitto Karo of the Uwajima clan in Iyo (now Ehime Prefecture). 景頼さんは元々は陸奥(今の青森県から福島県にかけて)にて生を受け、かの地を治めていた伊達家に仕えて多くの武功をたてます。 Kageyori was originally born in Mutsu (now from Aomori to Fukushima Prefecture), serving the Date family who ruled the land and making many martial arts. 特に伊達政宗さんの治世において、小田原征伐や朝鮮出兵を経験する事になります。 Especially in the reign of Masamune Date, he will experience Odawara conquest and Korean troops. また豊臣秀次さんの謀反の際にか…

続きを読む

畠山高政 名門!戦国の荒波に呑まれつつ一族を憂う!

今日取り上げます武将は、畠山高政という人物であります。 The military commander I'm going to cover today is Takamasa Hatakeyama. 彼は河内(今の大阪府東部)の室町幕府守護大名であり、所謂河内畠山家の当主であった人物です。 He is Shugo Daimyo of the Muromachi Bakufu in Kawachi (now Osaka Prefecture eastern). 畠山家は北陸にも別の系統が存在しておりますが、河内畠山家は幕府のお膝下においてその勢力を維持してきました。 Hatakeyama family has another system in Hokuriku, but Kawachi Hatakeyama has maintained its power under the Bakufu. 高政さんがまだ幼少の頃は管領であった細川晴元さんに対抗するなどしていましたが、その実権は家臣であった遊佐長教さんに握られていた訳です。 While Takamasa was still in his childhood, he was in control of Harumoto Hosokawa, his power was held by his vassal, Naganori Yusa. しかしその長教さんが暗殺されて、高政さんは晴れて畠山家の家督を継ぐのであります。 …

続きを読む

前田利政 兄に嵌められた!しかし彼の評価は何も変わらず!

今回は前田利政を取り上げようと思います。 This time I will take up Toshimasa Maeda. 彼はあの前田利家さんの次男にあたる人物で、能登(今の石川県北部)の大名となった武将であります。 He is the second son of Toshiie Maeda, and a warlord who became a lord of Noto (now Ishikawa Prefecture northern). 利政さんは元々尾張(今の愛知県西部)にて生まれますが、お父さんの利家さんが豊臣秀吉さんに付き従って加賀(今の石川県南部)の大名になった時に能登へ来ております。 Toshimasa was originally born in Owari (now Aichi Prefecture western), but came to Noto when his father, Toshiie, was attached to Hideyoshi Toyotomi and became Daimyo in Kaga (now Ishikawa Prefecture southern). 利家さんが亡くなった後に石田三成さんが徳川家康さんに対して挙兵すると、お兄さんの前田利長さんと共に東軍に参加します。 After Toshiie's death, Mitsunari Ishida raises his army against Ieyasu…

続きを読む

尼子義久 毛利に降った尼子最後の大名!しかし家名は脈々と続いた!

お久しぶりの9月初の投稿です! This is the first post in September after a long time! 本日は尼子義久という武将を取り上げたいと思います。 Today I would like to take up a military commander named Yoshihisa Amago. 彼は出雲(今の島根県東部)の戦国大名であった尼子晴久さんの次男にあたる人物です。 He is the second son of Haruhisa Amago, who was a Sengoku Daimyo in Izumo (now Shimane Prefecture eastern). 義久さんはお父さんの晴久さんが毛利氏との争いを繰り広げていた最中に急死したために家督を継ぐ事になり、室町幕府の仲介を受けて毛利氏と和平をしようと図ります。 Yoshihisa succeeded Katoku since his father, Haruhisa, was fighting against Mori and suddenly died, he will try to peace with them under the mediation of Muromachi Bakufu. これを逆に毛利元就さんに利用されて、同じく毛利氏と争っていた石見(今の島根県西部)を中心とした尼子勢力の国人衆が不利な状況に陥ります。 On t…

続きを読む

太田牛一 記録作者!彼は武士としても有能だった!

お久しぶりです! Long time no see! 今日は太田牛一という武将をテーマとしたく思います。 Today I would like to focus on the warlord Gyuichi Ota. 面白い名前ですが、後にあの信長公記を著した記録作者としての一面を持った武将であります。 It is an interesting name, but it is a warlord with one side as a record creator who later wrote that Shincho Koki. 牛一さんは尾張(今の愛知県西部)に生を受け、しばらくは僧侶として生計をたてておりましたが、守護大名であった斯波義統さんの家臣となります。 Gyuichi received his life in Owari (now Aichi prefecture western) and spent a while as a monk, but he becomes a vassal of Yoshimune Shiba, who was Shugo Daimyo. 義統さんが暗殺されて彼の子であった斯波義銀さんが後を継ぎ、織田信長さんに助けを求めた際に信長さんの家臣となったようです。 It seems that Yoshimune was assassinated and Yoshikane Shiba, who was his son, pas…

続きを読む